カテゴリ:おしらせ( 9 )
関口祐加監督の『毎日がアルツハイマー』
ツイッターで知り合い、

大津のアメニティーフォーラムの時の映画祭でお会いした、

関口祐加監督の『毎日がアルツハイマー』が、中日新聞に掲載されました。

素敵な映画です。

9月7日12時30からウイル愛知で上映され、

その後一般公開されます。

認知症のうちの母とも重なります。

笑って過ごせるうちは笑って過ごしたいな~。

e0168157_11281883.jpg

by p_dust | 2012-07-07 11:28 | おしらせ
「ちがうよ!ゆうこりんだよ。IN アートスクウェア」
「ちがうよ!ゆうこりんだよ。IN アートスクウェア」
~デジカメの中のかけがえのない私~
   ふぉと by ゆうこりん

2012.5.22(火)~ 2012.6.24(日)
 
社会福祉法人むそう/障害者支援施設アートスクウェア にて
   半田市長根町3-1-11 TEL:0569-2​0-2577
    ■月曜定休日 ■10:00~15:00営業
   
※最終日の15:00よりお茶と軽食にて交流会を開催し​ます。
 どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りく​ださい。

   お問い合わせは  
  052-775-6226
hnaf@msj.biglobe.ne.jp
  代表者 永田 尚子

出生前に、「障害があるので長く生きられないかもしれない。生まないという選択肢もある。」と,
先生に言われた子が、
なんと21歳になり、親亡き後の人生も考えることができるようになったのは、
日ごろから彼女に関わり、ご支援くださる皆さまのおかげです。

さて、娘の20歳の記念に「なぜ私が写真展を開こうと思ったのか?」、
それは20年分の「ごめんね」があるからです。

彼女が写真を撮り始めたころ、同じような写真や真っ黒の写真があり、
SDカードが一杯になってしまいました。
私は良かれと思い、彼女になんの断りもなく、要らなそうなファイルを削除しました。
すると彼女は、「どこいった?くろいの!」と聞いてきました。
「あれ要らないからお母さん消しちゃったよ。」というと、
目に涙を浮かべて「どこいった?くろいの!」と何度も訴えてくるのです。
その時私は、自分が土足で彼女の心に上り込み、
勝手に彼女の心の一部を消してしまったことに気が付きました。

今思えば、彼女が生まれてからずっと、
「重度の子だから何もわからない、何も自分ではできないし決められない。」と思い込み、
悪気はなかったにせよ、何度彼女に悲しい思いをさせてきたことでしょう。

今回皆さんに見ていただく写真は、彼女の心そのものです。
彼女の中には、21年分の「刹那」が一杯詰まっています。
そしてそのひとつひとつが彼女にとっては大切なかけがえのない自分であり、人生です。
おバカな親ですが、ようやく彼女の豊かな人生を認められるようになりました。
ぜひ皆さんにも彼女の豊かな人生を感じていただけたら幸いです。

また、「なぜ、ゆうこりんなのか?」とお思いの方もみえると思います。
彼女には私たち夫婦が思いを込めてつけた「明日香」という名前がありましたが、
写真を撮り始めたころから、自分のことを「ゆうこりん」というようになりました。
「ゆうこりん」とは「裕子さんみたいになりたい」自分なんです。
「明日香さん」と呼ばれると、「う~ん、ちがうよ!ゆうこりんだよ。」と言って皆にアピールしてます。
結構はっきり言い切ってます。
彼女はなりたい自分、生きていきたい自分、大人になった自分、そういうものをちゃんと持っているんですね。

彼女の写真は、大好きなものが家族から仲間へと広がっていってます。
私が置いてきぼりを食うのもそう遠い話ではなさそうです。
その時は、ちょっと離れたところで、私も彼女に負けないように自分の足でちゃんと立っていようと思います。               
ゆうこりんになった娘の母


立派な思い出に残る写真展がやりたかったわけではなく、

手前味噌に自分の子供がアート活動をしていることを伝えたかったわけでもなく、

ただただ、娘にもちゃんと心があることがわからなかったおバカな日々への悔恨と、

彼女の人生だから彼女自身と周りの人々が繋がってほしい気持ちでいっぱいです。

これからもこのことを伝え続けたいと思ってます。
e0168157_1251947.jpge0168157_1254483.jpg
by p_dust | 2012-05-15 11:05 | おしらせ
NPO法人ふわり主催の「福祉を超えた街づくり」のシンポジウム
このたび、NPO法人ふわり主催の「福祉を超えた街づくり」のシンポジウムが、

以下の通り開催されます。



自立支援協議会の構成員として、3年目。

福祉は「街づくり、人づくり」を実感する日々です。



このシンポジウムは、きっと自分の今いる場所を確認し、

何のためにやるのかを自分自身の心で確かめることができるシンポジウムだと思います。

ぜひ一日だけでも参加してみませんか?



以下豪華講師陣のご紹介です。



「条例のある街」「あの夜、君が泣いたわけ」などの著者で、

毎日新聞の記者で、ご自身も障害者の親御さんの野沢和弘さんや、

http://www.budousha.co.jp/booklist/book/jourei.htm

http://www.chuohoki.jp/ebooks/commodity_param/shc/0/cmc/3371





千葉の権利擁護のPACガーディアンズの佐藤彰一さん、

http://pacg.jp/



24時間365日地域で障害のある方を支える、中核地域生活支援センター「がじゅまる」の朝比奈ミカさん

http://www1.ttcn.ne.jp/~kashiwaien/gaju.htm



内閣府参与「もやい」の湯浅誠さん、

http://www.moyai.net/



総務省自治財政局長 地域に飛び出す公務員ネットワーク代表 椎川忍さん

http://twitter.com/#!/shiikawas



ダイバーシティー研究所、「チャイルドケモハウス」田村太郎さん

http://www.diversityjapan.jp/

http://blog.canpan.info/kemohouse/



以下ふわり理事長とえださんのブログからの転載です。



* **************************************

2010/12/04-05 fuwarinclusion session  -ふわりんクルージョンセッション- 
In 中部国際空港内 セントレアホール
定員  300名

2010:テーマ「共生の可能性を探る」

 少子高齢化の進展・経済不況の長期化など、厳しい社会背景の中で、かつてないほど、
この国は生きにくくなっていると言われます。

 一方、その生きにくさを増していると言われている我が国に、同じように生活しているにも
関わらず、「豊かな暮らしをしている」と実感している人達もいます。

 今、誰が、生きにくく、どのように取り残されているのでしょうか。

 どうやったら、それらの人達が、豊かさを実感している人達と同じような暮らしに辿り着く
のでしょうか。

 その整理のための議論の向こうに。

 新しい福祉、これからの街作りがあるはずです。

****************************************

2010.12.4(土)プログラム

10:30~11:30「共生の可能性を探る」
講演者:野沢和弘氏(毎日新聞社論説委員)

最近、テレビ出演が増えましたなぁ・・・やっぱり、毎日論説委員は、キャスター向きなのか?

いつもながら。地域に小さき声に超高感度な野沢さん。

野沢さんが、今、社会をどのように感じているのか。何が問題で、今後をどう展望しているのか。

お聞きしたいと思います。

11:30~12:30 昼食

12:30~13:30 「地域との合意形成」
シンポジスト
 ・佐藤彰一氏 (法政大学法科大学院教授)
 ・水谷香織氏 (パブリックハーツ株式会社代表)
司会進行
 ・鈴木直也氏 (NPO法人起業支援ネット副代表)

高齢者、障害者の施設やホーム、子どもの自立支援施設などを作ろうとすると反対運動が。

そんな時、どうしたらいい?とお二人に聞くと。

たぶん、どうやったら反対運動が起きないようにするか考えるんだねと言われる気がしますね・・・

どうしたら起こらないのか。教えて下さい。

13:40~16:40 「誰が生きにくく、誰が豊かなのか」
シンポジスト
 ・朝比奈ミカ氏(中核支援センターがじゅまる所長)
 ・田村太郎氏(ダイバーシティ研究所代表)
 ・湯浅誠氏(もやい事務局長・内閣府参与)
司会進行
 ・原田正樹氏(日本福祉大学准教授)

朝比奈さんは、誰が来てもいいというユニバーサル相談支援センターの所長。

田村さんは、すべての人が尊重し合い、生かし合う社会作りのプロ。

湯浅さんは、社会的に忘れ去られそうな命を、きちんと見つめ絆で生かそうとしている。

この3人が見ている世界が。次代の社会保障だと思う。

その世界が何なのか。どんな世界なのか。

次代の福祉学会を背負う(と、とえだが勝手に惚れ込む)原田正樹さんに見出してもらいたい。


17:00~18:00 「地域力創造時代の到来」
講演者
 ・椎川 忍氏(総務省自治財政局長・前地域力創造審議官)

総務省の大幹部なんだけれど・・・

椎川さんほど、日本中隅々までの地域造りの可能性を直接見て、関わっている人はいないと思う。

椎川さんBlog http://blog.canpan.info/shimanetottori/

椎川さんスパイシー http://spysee.jp/%E6%A4%8E%E5%B7%9D%E5%BF%8D/1000780/

総務省の地域力創造グループの中心。緑の分権会議なども推進。

「循環型社会・日本」をどのように展望されているのか。お聞きしたいです。



宴会場にて。
分科会メンバーとの出会い大交流会
「ロックンロールライブ!」サルサガムテープ参上! エネルギッシュな魂の叫びを聴け!
かしわ哲氏  梶原徹也氏  他

宿泊交流へ 12時までバーを借り切りましたよぉ! その後も倒れるまで語りますよ!


2010.12.5(日)プログラム

10:00~15:00
☆ランチつき分科会☆

①椎川班
「これからの地域づくりは絆の再生から」

緑の分権会議:滋賀:東近江市の実践報告を頂きます。市長さんまでいらっしゃる。(>_<)

http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0003370

山口美知子が中心になって、報告頂くかと。↑記事を読んで頂くと、滋賀の雰囲気がわかりますね!

②湯浅班
「パーソナルサポーターとは」

「年越し派遣村」などで社会に発信し続ける湯浅誠さん。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1005/28/news004.html

少人数でじっくりその思想や活動をお聞きできますよ。

③朝比奈班
「小規模多機能地域密着な展開を支える」

「ただいま それぞれの居場所」に登場する、井戸端げんきの伊藤英樹さんが来て下さいます!

http://we23randoku.blog77.fc2.com/blog-entry-1445.html

居場所に暮らしを紡ぐ、まさに「哲学」をお聞きします。

④田村班
「多文化共生の街づくり」

ダイバーシティの世界では、カリスマと言われる存在感と行動力の田村さん。

http://www.diversityjapan.jp/ 国籍や文化を越えて、繋がる。

自閉症の人の文化を尊重する。外国人と介護現場で協働する。外国と授産製品を取引する・・・

福祉分野から見ても。田村さんから学ぶべきことが、たくさんたくさんあるはずです。

⑤かしわ・梶原 班
「ロックンロールしよう」

NHK歌のお兄さん:かしわ哲さんと元ブルーハーツ:梶原さんがサルサガムテープというバンドと出会い。

http://www.nk-nk.com/salsagumtape/pc/

「ロックンロール介助士」創設を目指しています!

当日は、音楽を軸に、障害のある人や様々な人と繋がる、楽しむ魂を学びます。

⑥水谷・佐藤班
「街づくりのための合意形成」

合意形成のプロ、水谷香織さん http://www.publichearts.com/outline.html

紛争解決が専門の弁護士:佐藤彰一さん http://www.satosho.org/about.html

お二人の。街作りにおける街作りのための合意形成への視点を学べたらと思います。


15:00~16:30
講師陣による。。。
まとめ風:行動提起セッション

今年。2日間一緒に居て。何か「創発」的化学反応が起こりそうなら。

来年も、企画しますが・・・どうでしょうねぇ・・・

【 料 金 案 内 】
参加費 5,000円・交流会費 5,000円・宿泊費10,000円 計 20,000円

申し込みはこちらから→
http://fuwari.tv/activity/101204.html
****************************************
by p_dust | 2010-11-30 00:27 | おしらせ
第32回名東区こどもまつりのご案内
☆ 第32回名東区子どもまつりのご案内 ☆

基本的な生活空間と生活リズムを奪われがちな昨今の子どもたち。
明日の時代の担い手としての可能性を持った彼らに、
今われわれ地域の住民が力を合わせて何ができるのでしょうか?
こどもまつりは、そうした取り組みのひとつとして行われてきました。

今回のテーマは『ワールドトリップ2010~物語の世界を旅しよう~』。
ワクワクドキドキが、きっといっぱい詰まったおまつりになることでしょう。

***************************

本郷公園 『ワールドトリップ2010~物語の世界を旅しよう~』

とき:11月7日(日) 10:00~15:00
     雨天の場合は11月14日(日)
ところ:本郷公園
     (地下鉄本郷駅から北へ約300メートル)
主 催:第32回名東区子どもまつり実行委員会


ステージプログラム
〈午前の部〉
10:00~  オープニングセレモニー
10:30~  『子どもと父母の合奏&うた』(西山子どもクラブ)
        『リボントーチ』(たかばり子どもクラブ)
        『竜神おどり』(オリオン学童)
       〈午後の部〉
1:00~  『リボントーチ』(スバル学童)
       『Wダッチ&大なわ』(猪高・北一社学童)
       『トーチ&スタンツ』(貴船名東子どもクラブ)
2:00~  みんなであそぼうタイム(子ども実行委員会)
2:30~  エンディング



入場は無料です。
是非ご家族皆さんでお越しください。 
by p_dust | 2010-10-27 00:42 | おしらせ
名東区「人権尊重まちづくり」事業
イベントのお知らせです。

*********************************
今月末に、名東区役所で映画の上映会があります。名東区の「人権尊重まちづくり事業」として、障害をもった方の地域生活に焦点を当てた映画を無料(!)上映します。自立支援協議会内に実行委員会を立ち上げ、半年かけて準備し、「広報なごや」をはじめ、区内の関係各所にポスター掲示やチラシの配布を行っています・・・が、正直、申し込み状況が芳しくありません。

という訳で、この場を借りて、広報したいと思いますので、ぜひお問い合わせのほど、よろしくお願いします。

★ 日 時    平成22年1月31日(日)  
            11時~13時 & 14時~16時

★ 場 所    名東区役所講堂

★ 上映作品  「ふるさとをください」 
           キャスト 大路恵美・ベンガル 他

一応、今月18日(月)が申し込み締め切りとなりますが、延ばす気満々(?)ですので、

名東区障害者地域生活支援C ☎(052)702-2863 まで!!

ちなみに、当日の会場整理の関係での事前把握のためのものです。
会場では、区内の関係施設の製品の展示販売も行います。

ぜひぜひ、よろしくお願いします

*********************************

以上はkojimaさんのブログより転載です。

http://www.meito.or.jp/modules/simpleblog/view/5.html
by p_dust | 2010-01-10 16:32 | おしらせ
第31回名東区こどもまつり
秋らしい澄んだ気候になりました。

我が家の次女は、小学校2年生から6年生まで、
学童保育『オリオンクラブ』にお世話になりました。

彼女が卒所するときに、学童の会報に載せた文章があります。

**************************************


オリオンでの5年間

我が家には16歳のダウン症の長女がいます。そのため、家族の介護ということで、小学校2年生の時から「オリオン」にお世話になりました。姉の入院などで、赤ちゃんの頃からよそのおうちに何日も預けることも多く、「かわいそう。」との思いから、中途半端な気持ちで送り出しました。そんな私の気持ちが伝わるのか、本人も不安だったんだと今になって思います。
 最初は、泣いて帰ってきたり「行きたくない。」と駄々をこねるのはみんな同じと思っていましたが、なかなか馴染んでくれず、ようやく「やめる。」といわなくなったのは、最近のことです。オリオンでのいろいろな行事で、「自分でやれた!」という達成感をもってくれるようになったのも6年生になってからです。親のほうも、行事ごとに繰り返す「やめる、やめない」の葛藤に、何度オリオンをやめようと思ったことでしょうか。そのたび毎にオリオンの子どもたちや、自分の子どもと同じように接してくださる他の父母の方や、指導員の方に助けていただき、本当に綱渡り状態でここまでこれました。みなさんにご心配頂き、たいへんお世話になった四年間があり、そしてこの一年にたどり着けたと思います。キャンプでの6年生4人のトーチの演技を見て、一緒にやってきたお母さんと涙を流して分かち合えた「嬉しさ」は、途中でやめていたらきっと味わうことの出来ないものだったでしょう。
 こうしてこころ穏やかに次女のことを見てみると、仲間たちと物事を計画していくことが出来る力や、日々の家事のお手伝いや、生活のいろいろな場面で、オリオンで培われたものが、沢山あります。いつか次女も自分の中のオリオンに気がついて、その時オリオンが彼女にとってどんな場所だったかわかってくれるといいなと思います。
 オリオンで出会った子どもたち(今はもうステキなお兄さんお姉さんもいます)、父母の方々(OBも)、歴代の指導員の方々、本当にありがとうございました。そして、4人の6年生とその御家族。一緒にここまでこれて嬉しいです。これからもみんなで子どもたちを見守っていきたいですね。どうぞよろしくお願いします。

**************************************

ここの学童を通して、『名東区子どもまつり』と出会い、
今は実行委員会の事務局をしています。

☆ 第31回名東区子どもまつりのご案内 ☆

基本的な生活空間と生活リズムを奪われがちな昨今の子どもたち。
明日の時代の担い手としての可能性を持った彼らに、
今われわれ地域の住民が力を合わせて何ができるのでしょうか?
こどもまつりは、そうした取り組みのひとつとして行われてきました。

今回のテーマは『妖怪ランド』。
ワクワクドキドキが、きっといっぱい詰まったおまつりになることでしょう。

e0168157_23404646.jpg

本郷公園 『妖怪ランド2009』
君たちに妖怪の声が聞こえるか?




とき:11月1日(日) 10:00~15:00
     雨天の場合は11月3日(祝)
ところ:本郷公園
     (地下鉄本郷駅から北へ約300メートル)

主 催:第31回名東区子どもまつり実行委員会


ステージプログラム
〈午前の部〉
10:00~  オープニングセレモニー
10:30~  『バンド演奏』(ペガサス学童 ちちバンド)
        『群舞 フェスティーボ』(私学フェス 淑徳高)
        『トーチ』(スバル学童)
        『ダンス』(豊が丘学童)
        『大繩・Wダッチ』(猪高・北一社学童)

〈午後の部〉
1:00~  『バンド演奏』『歌』心のアンテナ(西山学童)
       『トーチ』(ペガサス学童)
       『竜神』(オリオン学童)
       『リズムゴムとび・トーチ』(藤ヶ丘学童)
2:00~  みんなであそぼうタイム(子ども実行委員)
2:30~  エンディング



入場は無料です。
是非ご家族皆さんでお越しください。
 

by p_dust | 2009-10-15 23:58 | おしらせ
モリコロパークでは・・・
日本初、愛知発
ファンドレイジングイベント

愛フェスがモリコロパークで開催されます。

愛フェスのHPはこちら

楽しむことが誰かのためになる!

社会貢献の新しいカタチを発信する2日間


ライブ

パフォーマンスコンテスト

うまいもの市コーナー

市民イベント

NPO村

チャレンジドフードエリアなど

盛りだくさんです。

愛地球博が戻ってきたみたい・・・。

ぜひ皆さんも来てくださいね。

関連ブログ

とえださんのブログ
http://hiromoto.seesaa.net/article/127301129.html

おださんのブログ
http://blog.canpan.info/rakusyo/archive/245e0168157_839629.jpg

プログラムは
こちら
by p_dust | 2009-09-05 01:29 | おしらせ
うりんこ第2弾
またまた、楽しい公演のご案内です。

主 催: 夏休み子ども劇場協議会

笑って 囃して 暑気払い

おまつり本舗 田楽座

うちわ片手に 下駄をからころ 縁日へ・・・。

「やぐら太鼓」や「玉すだれ」、「三味線漫談」「津軽の唄と踊り」などなど・・・、
おまつり盛りだくさんです。

開 演: 午後1時と午後4時の二回(開場は開演の30分前)

チケット: 前売り2,300円 当日2,800円(大人・小学生以上の子ども同一料金)

  (うりんこ劇場に電話していただいて予約していただけば、
                 当日窓口精算でも前売り料金になります。)

会 場: うりんこ劇場 ☎ 052-772-1882

田楽座のHPはこちら

e0168157_11434324.jpg
by p_dust | 2009-08-27 11:24 | おしらせ
名東区のお宝「劇団うりんこ」
名東区には素敵な劇団があります。
その名も「劇団うりんこ」
由来などはHPへ
http://www.urinko.jp/index.html

いつも素敵な公演やイベントやっています。

9月は地域の方が誰でも参加できるイベントです。

《うりんこぎゃらりー seasonⅡ》
9月6日(日)~12日(土)
うりんこ劇場
入場無料(一部有料イベントあり)
主催=うりんこ劇場 tel.052-772-1882


うりんこぎゃり~とは・・・子どももおとなもアーティスト! ふだんこっそり作っている作品を、お披露目してみませんか。ここならその夢が叶います。
1.フリー部門=絵・写真・彫刻・手芸・工作・オブジェなど何でもOK
2.「大好きな人の顔」の似顔絵部門=A4サイズの紙に大好きな人の似顔絵を描いて下さい。どんな紙・画材でもOK
3.「笑顔の写真」部門=はがきサイズまでの大きさでプリントされたもの。抜群のスマイル大募集。

出店希望、お問い合わせ 劇団うりんこ(越賀)052-772-1882

身近に地域に開いた文化の発信地があるって、とってもステキです。
小さなお子さんも、おじいちゃんおばあちゃんも、ご家族そろって楽しめるところです。
ぜひお越しください。
by p_dust | 2009-08-26 10:59 | おしらせ
  

誰もがかけがえのない自分の人生をあたりまえに安心して暮らすことができるよう、「めいとう」にノーマライゼーションの風を吹かせたいと思ってます。
by p_dust
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
おいでやす・・・
あんさんは
無料カウンター人目のお客はんどす。
つぶやきおばさん
検索
タグ
最新のトラックバック
育成会大会と親睦会
from ふらっと2にようこそ
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
つぶやき
画像一覧